美容は身体、顔、肌など様々な部位とその方法の種類も多種多様にあります。中には全く効果の無いデマのような情報も紛れているのも事実です。当サイトではどのような美容法が正しいのか、正しい知識と自分に合った方法を見つけるコツを紹介します。

OKサインを出す女性
  • ホーム
  • ヨーグルトであごニキビを治す美容法

ヨーグルトであごニキビを治す美容法

嬉しく笑う女性

ヨーグルトであごニキビを改善する美容法が知られています。
東洋医学では胃腸といった消化器官の機能が低下すると、栄養分を吸収する力も衰えると考えています。
栄養が十分に摂れないと、新陳代謝が上手く機能しないのでニキビを作る細菌が増殖しやすくなります。
思春期は皮脂の過剰分泌によってニキビができますが、主におでこや鼻にかけたTゾーンにできやすいです。
大人ニキビはこめかみやあごにかけたUゾーンにニキビができやすく、特にあごは皮脂が毛穴に詰まりやすく肌のターンオーバーが遅いので肌トラブルに発展しやすいです。
現代人は脂っこいものを多く食べるようになり、消化器官が無理をしている可能性があります。
食事の回数や時間帯が不規則なだけでも、消化器官をきちんと休めることができません。
内臓の疲れによるあごニキビは、腸内環境を改善することで対処します。
腸内環境が悪化している人は、悪玉菌が増殖しているので便秘のケースが多いです。
悪玉菌を減らすには、善玉菌を増やすことが有効です。
ヨーグルトは動物性乳酸菌やビフィズス菌を含むので、善玉菌のエサを供給できます。
ヨーグルトには様々な味がありますが、特におすすめなのがアロエヨーグルトです。
アロエに含まれているアロインという成分は、腸内環境を改善して新陳代謝を促進し、美白やアンチエイジングにも効果を発揮します。
さらにビフィズス菌を増やすオリゴ糖を豊富に含んだ蜂蜜を加えると、食べやすくなり腸にも優しいです。
ヨーグルトを販売するメーカーによって含まれる乳酸菌の種類が違うので、頻繁にメーカーを変えたり、便秘が効果的に治ったメーカーを見つけたりすると体が必要とする乳酸菌を摂取できます。

人気記事一覧